〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目6-5 TEL:089-943-1151 FAX:089-947-0026
トップ⇒卒後臨床研修 文字が見えにくいと感じる方へ 画面を拡大表示します 画面を縮小表示します

はじめに研修プログラム初期研修後期研修研修医の声勉強会病院見学問い合わせ
 ホームページをご覧の学生・研修医の皆様へ



 松山市民病院は松山市内に位置する急性期医療を扱う市中基幹病院です。専門性の高い医師・スタッフのもとで最前線の医療を体験するのみでなく、救急医療やCommon Diseaseの扱いなどプライマリケアに触れることもできる環境にあります。
 
.
【理念】
 「医師としての人格を涵養し、将来の専門性にかかわらず、医学・医療の社会的ニーズを認識しつつ、
日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリケアの基本的な診療能力
(態度、技能、知識)を身につける」という臨床研修制度の理念にのっとった質の高い臨床研修を提供する
【基本方針】
  1.地域のニーズに応える誠実な医療を実践できる医師を育成する。
  2.説明と同意による人権尊重の医療を実践できる医師を育成する。
  3.快適な環境のもとでの安全な医療を実践できる医師を育成する。
  4.新しい科学的知識と技術による良質な医療を提供できる医師を育成する。
  5.研修・研鑚に努め、学びつづけることのできる医師を育成する。

 
 当院の特徴としては以下の3点があります。
.
1. 病院の規模が大きく多くの症例を経験できる
2. それぞれの分野に専門家がいて相談できる
3. 各診療科の敷居が低くアットホームな雰囲気である
.
 
 1.病院の規模が大きく多くの症例を経験できる
 当院は432床、23診療科の規模を持っています。愛媛県立中央病院(827床)、松山赤十字病院(745床)、愛媛大学医学部付属病院(606床)、四国がんセンター(405床)、済生会松山病院(170床)などとともに松山市周辺地区の医療を担っています。松山市中心部に位置していることから、近隣の診療所からの紹介もあり多くの症例が集まってきます。
 また、臨床研修の中でも救急医療は重要な項目ですが、当院は松山市の救急輪番病院となっており、8日に1回の救急日には松山地区約60万人の医療圏から様々な救急患者が集まってきます。感冒、アルコール中毒などの軽症患者からCPAなどの重症患者まで多くの救急症例を経験することができます。
 
 その一方で他の大規模病院と比較すると研修医の数は多くありません。そのため、大規模病院によくありがちな見学に近い研修ではなく、各種の実践的な手技などを数多く経験し身につけることが可能な研修となっています。
 2.それぞれの分野に専門家がいて相談できる
 現在は医療の高度化に伴って高い専門性が必要とされる傾向にあります。日本内科学会や日本外科学会をはじめとする各学会から34の施設認定をうけています。また産婦人科、精神科以外のほとんどの診療科を備えており、それぞれに専門性の高い医療を行っています。
 
 内科では消化器、循環器、呼吸器、血液、腎臓、糖尿病・内分泌の6グループに分かれており、内科研修中にはそれぞれの領域の指導医から指導を受けることができる体制がとられています。
 
 外科では一般外科(消化器、乳腺、甲状腺)、呼吸器外科、心臓血管外科の3グループに分かれており、外科研修中にはそれぞれの領域の指導医から直接指導を受けることのできる体制がとられています。
 
 3.各診療科の敷居が低くアットホームな雰囲気である
 大規模な病院ですとどうしても診療科や卒業大学によって敷居ができてしまうことがあります。しかし当院ではそのようなことは全くありません。
 医局にはすべての科の医師が机を並べており、研修中の科以外の先生とも気軽にコミュニケーションをとり相談することが可能な雰囲気となっています。指導医も同じ医局ですので困った時にはすぐに相談できるのが大きなメリットです。
 また、岡山大学、愛媛大学、広島大学など複数の大学医局から医師が派遣されていることもあり研修中に多くの大学の先生と触れ合うことができます。そのため他大学の出身者でもすぐに溶け込める雰囲気ができています。
 
 
 

 松山市民病院では、新卒後臨床研修制度開始前から多くの研修医を指導してきた実績があります。また、本制度の開始に合わせてソフト面(研修プログラム・Net研修手帳など)・ハード面(研修用イントラネット・研修教材など)とも充実した体制ができています。

 研修に興味がある学生・研修医の方はいつでも見学可能です。まずはお問い合わせフォーマットからお気軽にご連絡ください。(→お問い合わせのページへ
 
 
 初期・後期研修は医師としての将来に大きな影響を与えます。我々と一緒に充実した研修を送りましょう。
 


研修管理委員会メンバー
研修管理委員長 山本 祐司 松山市民病院 院長
プログラム責任者 新谷 哲司 松山市民病院 内科部長
副プログラム責任者 魚本 昌志 松山市民病院 呼吸器外科部長
田中 良憲 松山市民病院 消化器内科部長
研修実施責任者   大久保 嚴彦 真光園 院長
高田 清式 愛媛大学医学部附属病院
総合臨床研修センター長
中西 公王 市立大洲病院 副院長
菊池 良夫 西予市立西予市民病院 副院長
野口 志郎 野口病院 院長
中村 清司 松山市保健所医監
研修管理委員   柚木 茂 松山市民病院 外科部長
宮ア 博文 松山市民病院 麻酔科部長
重見 律子 松山市民病院 小児科部長
高橋 夏来 松山市民病院 循環器内科部長
角田 多喜子 松山市民病院 看護部師長
花本 雄二 松山市民病院 事務長
玉野 祐仁 松山市民病院 医療事務部長
研修管理委員(外部委員) 細野 孝 株式会社長崎商事 総務部長
事務担当 浅野 光孝 松山市民病院 経理課長
.
 
Google WWWサイト内
| お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 当サイトについて | サイトマップ | リンク |

Copyright(C) Matsuyama Shimin Hospital. All rights reserved.
 
財団法人永頼会 松山市民病院 日本医療機能評価機構認定病院