〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目6-5 TEL:089-943-1151 FAX:089-947-0026
トップ各診療科の紹介⇒消化器内科 文字が見えにくいと感じる方へ 画面を拡大表示します 画面を縮小表示します

各診療科の紹介 各科問診表はこちら

消化器内科

 
診療内容について  
当科は、消化器疾患全般にわたり診断・治療を行っております。
具体的には、食道・胃・小腸・大腸などの消化管疾患、肝疾患、胆・膵疾患を担当し、全員で協力し合いながら診療を行っています。
また、悪性腫瘍など手術の必要な場合には消化器外科医と相談し、方針を決めております。

消化管疾患の診療について  
食道から大腸までの消化管について、内視鏡、X線、超音波、CT、MRI等を使用した診断及び治療を行っております。現在では内視鏡検査・治療の発達によりポリープ、早期悪性腫瘍、消化管狭窄、消化管出血の大部分が内科的に診断から治療まで完結させることができるようになっております。

胆・膵疾患の診療について  
胆嚢・胆管・膵臓について超音波、CT、内視鏡などを用いた診断及び治療を行っています。
例えば、閉塞性黄疸に対する治療では内視鏡、腹部超音波を用いた緊急ドレナージ術、内瘻術を行っております。また、悪性腫瘍に対しては放射線科の協力のもと放射線治療も行っています。

肝疾患の診療について  
肝疾患に対しては急性肝炎・慢性肝炎・肝硬変・肝腫瘍・肝膿瘍等の疾患について、スタッフで協力しながら集学的治療を行っています。
肝臓病は自覚症状がないうちに病状が進行することが多く、B型・C型慢性肝炎・肝硬変では定期的な検査が必須です。
当院では定期的な検査により病気の変化を早期に発見できるよう心がけながら診療を行っています。
慢性肝炎に対しては、適応のある症例にはインターフェロンによる治療を行っています。
肝腫瘍に対しては、症例に応じて血管造影・PEIT(エタノール注入療法)・焼灼術・放射線療法・手術等の治療法から最適な治療法を選択し、治療を行っています。

ポリペクトミー  
ポリペクトミー(polypectomy)とは、ポリープを切断するという意味で、内視鏡の進歩に伴い、内視鏡による各種ポリペクトミーが行われています。
当院では高周波電流を使用する切断法を行っています。
 
ポリペクトミーの適応となる胃ポリープは、
 
 ・ポリープより慢性的に出血し貧血をきたしている場合、
 ・ポリープによる通過障害のある場合、
 ・ポリープが10mm以上の大きさである場合、
 ・癌の混在または癌化が予想される形態の場合
 
です。
 
大腸ポリープは、5mm以上の大きさのポリープが対象となりますが、平坦型に対しては、粘膜切除術を行います。

内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査(ERCP)  
十二指腸内視鏡を用い、直視下に十二指腸乳頭開口部より細いカニューレを挿入し、造影剤を逆行性に注入することにより、膵管・胆管を造影する方法です。
 
1.内視鏡的乳頭切開術(EST)
ERCPの手技と内視鏡的高周波電流切開法の手技を組み合わせたもので、十二指腸乳頭の開口部に切開用ナイフを挿入し、高周波によって乳頭括約筋を切開する方法です。
 
2.内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)
十二指腸乳頭を切開しないでバルーンカテーテルで拡張する方法です。
 
1.2.それぞれに長所・短所があるものの、共に適応は総胆管結石に対する治療が中心でしたが、その後適応が拡がり、現在では胆汁・膵液ドレナージなどの膵・胆道疾患の診断・治療にも応用され用いられています。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)  
粘膜切除術とは、平坦な隆起性病変あるいは小さい陥凹性病変に対して、生理食塩水をその基部に注入し、病変全体を膨隆させ、高周波スネアーで切除する方法です。対象となる疾患は、リンパ節転移のない早期食道癌、早期胃癌、早期大腸癌です。

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)  
EMR同様早期がんに対する治療法の1つですがEMRと比べ、一括切除率が向上し、病理学的評価の精度が向上しました。実際には、病変の周囲にマーキングし、粘膜下層に生食などを局注し、マーキングの周囲を切開し、病変部の粘膜下層を剥離していく手技です。

経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)  
Pull法が主体でしたが、最近ではIntroducer法が主体です。実際には、内視鏡で穿刺部位を確認しながら、腹壁と胃壁を4点固定し、穿刺しガイドワイヤーを通して拡張し、直接胃瘻チューブを挿入します。チューブが口腔内を通らないため、造設初期の感染が予防され、内視鏡の挿入も1回で済むという利点があります。

戻る
Google WWWサイト内
| お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 当サイトについて | サイトマップ | リンク |

Copyright(C) Matsuyama Shimin Hospital. All rights reserved.
 
財団法人永頼会 松山市民病院 日本医療機能評価機構認定病院