〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目6-5 TEL:089-943-1151 FAX:089-947-0026
トップ各診療科の紹介⇒内科・腎臓病 文字が見えにくいと感じる方へ 画面を拡大表示します 画面を縮小表示します
各診療科の紹介 各科問診表はこちら

腎臓病 内 科


腎臓内科では、総合的な腎疾患の管理に取り組んでおり、血尿、蛋白尿の二次検査から糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全の治療や食事指導まであらゆる内科的腎疾患に取り組んでいます。
 
スタッフは3名ですが、それぞれ膠原病内分泌呼吸器の診療も兼務しており、各種二次性腎疾患にも対応しています。また総合病院の一診療科という性格上、潰瘍性大腸炎、肝不全、重症膵炎、膠原病、薬物中毒などの疾患に対しても、白血球除去療法、血漿交換療法、持続的血液濾過透析療法、血液吸着療法などを行っています。
 
年間の腎生検数は20〜25例、年間の新規維持透析導入数は約20例で、透析ベッドは12床で36人まで受け入れ可能ですが、満床のため、導入後全身状態が安定すれば近隣の透析施設に紹介しているのが現状です。数例ですが、腹膜透析療法も行っています。

方針としては、当院の先端医療機器を有効に利用して的確な診断を行い、治療としては日本腎臓学会や厚生省研究班の治療指針などに沿った標準的でかつ最新の治療を心がけています。

受診される患者さんへ  
外来担当日以外でも、急患の方や紹介患者さんなど随時対応します。また血尿、蛋白尿の二次検査で受診される女性の方は、できれば生理中でないときにお願いします。

戻る
Google WWWサイト内
| お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 当サイトについて | サイトマップ | リンク |

Copyright(C) Matsuyama Shimin Hospital. All rights reserved.
 
財団法人永頼会 松山市民病院 日本医療機能評価機構認定病院