〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目6-5 TEL:089-943-1151 FAX:089-947-0026
トップ患者さんへ入院のご案内⇒DPC制度について 文字が見えにくいと感じる方へ 画面を拡大表示します 画面を縮小表示します
DPC制度について
| 外来受診のご案内 | 受付時間と場所 | 診療担当表 | 専門外来 | 救急外来 | 入院 | 人間ドック | お見舞いの方へ |
 
平成22年7月1日より
入院医療費の会計方法が変ります

 当院は、平成22年7月1日よりDPC(診断群分類別包括評価)対象病院となり、従来の出来高計算方式から、病名や診療内容に応じて入院1日あたりの医療費が定額になる「DPC計算方式」に変更させていただきます。(一部出来高計算の診療内容もあります)
 DPCによる入院費の計算方法では、国が定めた1日あたりの入院費×日数と出来高計算の部分を組み合わせて計算します。病名や治療内容により、1日あたりの医療費は異なります。
 また、DPC対象となる期間も病名や治療内容によって決まっており(特定入院期間)、その期間を超えると従来通りの出来高計算に変わります。手術料・麻酔、内視鏡検査、リハビリ、食事代等は上記の入院費用には含まれず別途ご請求となります。
 
 会計方法がDPC制度に移行しても、入院医療費は従来とほとんど変わりはありません。(病名によってはDPCの該当外になるケースがあり、この場合は従来の出来高制での計算方式で算出されます。)


お問い合わせ等ございましたら、病院南棟1階入院係までお願い致します。
 
DPC制度(包括払い方式)
医療費の計算方法はいつから変わるのですか?
平成22年7月1日以降に入院された患者さんよりDPCの対象となります。
ただし、平成22年6月30日以前に入院されている患者さんは経過措置となりますので、その場合には平成22年9月1日よりDPC対象となります。
   
全ての入院患者さんがこの制度の対象となるのですか?
基本的に全ての入院患者さんが対象となりますが、労災、自賠責保険、入院後24時間以内の死亡の場合はDPC対象外となり、従来通り出来高算定となります。また、患者さんの病名や診療内容によってはDPCの対象外になる場合もあります。
   
DPC制度による計算方法が開始されても出来高算定になる診療内容はありますか?
在宅医療・指導料、退院時処方、手術当日の投薬・注射、手術・麻酔、放射線療法、リハビリテーション、保険点数1,000点以上の処置(人工透析、白血球除去療法など)内視鏡検査、一部の検査は出来高算定となります。
   
定期請求の回数に変更はありますか?
月1回の請求となります。
   
入院期間が長くなった場合はどうなりますか?
病名や治療内容ごとに特定入院期間(包括の期間)が決まっております。特定入院期間を超えた場合は出来高算定になります。
   
途中で病名が変わった場合はどうなりますか?
入院当初で病名がはっきりしない場合(疑い病名)や入院の原因となった病名以外の治療が多くなった場合など、病名が変わるケースが多々考えられます。その場合には最も治療・検査等を行った病名にて入院日に遡って再度計算しますので、すでにお支払いいただいた先月分の医療費の過不足を調整させていただく場合がありますので、ご承知おきください。
 
 
Google WWWサイト内
| お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 当サイトについて | サイトマップ | リンク |

Copyright(C) Matsuyama Shimin Hospital. All rights reserved.
 
財団法人永頼会 松山市民病院 日本医療機能評価機構認定病院